顔の赤みは表皮の薄さや炎症が原因!ブライトエイジでケアできるの?

kaonoakami 

 

顔が赤いのは、メイクでもうまく隠すことができなかったりするのでとてもコンプレックスだと思います。なぜ顔が赤くなっているのか理由をしっていますか?今の肌状態は刺激にとても弱くなっています。赤みのケア方法に、ブライトエイジは外部刺激から肌を守ってくれるので顔の赤みケアにおすすめです

 

顔の赤み・赤ら顔の原因はなに?

顔の赤みや赤ら顔の原因を見つけることで対処しやすくなります。いくつか原因をあげてみたいと思います。

 

もともと皮膚が薄かったり、炎症が起きていたり、気温の変化で毛細血管が拡がって赤く見えていたりすることがあります。

 

この中で、ブライトエイジをお勧めする肌の状態は、肌が薄いことと炎症が起きていることです。

 

肌が薄かったり炎症が起きている状態は刺激に弱い

nenreihadaensyou 

肌が薄いとはどういうことなのでしょうか。肌の表皮が薄くなっていることで、真皮にある毛細血管が透けて見えている状態です。表皮が薄くなる原因として、生まれつきというのもありますが、ごしごし洗顔をしたり、肌に合っていない化粧品を使うことで負担になり起こります。

 

肌の炎症は花粉やほこりなど、刺激物が肌内部に入ってしまうことで起きます。その結果、血流が増えたり、腫れたり、痛みが出ることで赤みができます。

 

このどちらも、バリア機能が低下して、刺激に弱い肌状態となっていますから、ほおっておくとどんどん赤みが悪化してしまいますし、さらに、肌内部の水分が蒸発し肌の乾燥やくすみ、肌のハリ不足もでてくるようになり、年齢以上に老けて見られてしまうことがあります

 

ブライトエイジの口コミを知りたい人はこちらから<<<

 

ブライトエイジで顔の赤みをケア

brightagetrialset 

ブライトエイジでどうして顔の赤みをケアできるのかというと有効成分のトラネキサム酸が配合されているからです。
トラネキサム酸は美白効果と抗炎症作用があります。炎症を抑えることができるので肌荒れを防止することができます。肌のバリア機能を高めるヒト型セラミドやコラーゲンミックスなど、保湿成分もたくさん含まれています。
肌に潤いがあることで肌が強くなり、刺激も簡単に侵入できませんから、顔の赤みや赤ら顔が和らいできます。ただ、赤みが出ているということは肌荒れが起きている可能性も高いので少しずつ肌で試すことをお勧めします。

brightagebanner 

関連ページ

妊娠中に増えたシミが産後も濃くなったまま老け顔にならないケア方法
妊娠中にシミが増えるのはメラニン色素が増えるためです。しかし、産後もシミが濃いままということがあります。シミのケアにもブライトエイジがおすすめです
40代で肌のハリがほしいなら人気のブライトエイジ化粧品を使ってみて
40代で肌のハリがなくなってきたと感じているのであれば、ブライトエイジでケアしてみるのもおすすめです。張りには保湿とエイジングケアです。ブライトエイジには、両方を兼ね備えた成分を配合しています
薬用で保湿と抗炎症作用のあるブライトエイジは大人ニキビに効果あり
大人ニキビは保湿ケアが必要です。ブライトエイジは保湿もできて炎症も抑えてくれるトラネキサム酸が配合されていますから、トライアルセットから使ってみるといいかもしれません。
50代の肌荒れの原因を抑制する抗炎症作用がブライトエイジに配合
50代の肌荒れは、しみや、シワ、ハリ不足の原因になります。ブライトエイジは抗炎症作用のあるトラネキサム酸を配合しています。7日分のトライアルセットから試してみてください
ブライトエイジは40代の気になるシミケアに!有名なトラネキサム酸を配合
40代でシミが気になっている人は多いです。ブライトエイジはしみケアに有名なトラネキサム酸を配合しています。
アイムのブライトエイジは36歳のたるみ毛穴ケアにハリを出す?
たるみ毛穴は30代なかばになってくると一気に目立ちます。その理由は、肌のたるみが原因だからです。ブライトエイジでたるみ毛穴をケアしていきましょう