50代の肌荒れの原因を抑制する抗炎症作用がブライトエイジに配合

brightage50daihadaare 

 

ブライトエイジ化粧品は肌の炎症を抑える作用があります。その美容成分は、美白ケアでも知られているトラネキサム酸です。紫外線や肌への刺激で肌内部に炎症が起きます。その結果、シワやシミ、たるみなど50代に気になる肌の老化が目立つようになります

 

肌荒れが起きる原因とは

普段の生活で紫外線や乾燥は避けられません。また、洗顔料で顔をごしごし洗うことも肌に負担になっています。これらの原因で炎症性物質(トリプターゼやサイトカイン)が生じることで、肌荒れがでてきます。この肌への負担が続くと、新しい細胞を作り出すターンオーバーの働きが悪くなったり、シミの原因にもなるメラニンの生成が活発になったり、コラーゲンが壊されたるみが生じてきたりするということが起こります

 

トラネキサム酸の働きは抗炎症作用

toranekisamusanbihaku 

炎症を抑えてくれるのがトラネキサム酸です。トラネキサム酸は、第一三共が販売しているトランシーノという錠剤で聞いたことがあるかもしれません。トランシーノは、肝斑によるしみを薄くすることができると話題となりました。ブライトエイジ化粧品の中でトラネキサム酸は、美白ケアと抗炎症作用の2つの働きを担っています。
つまり、ブライトエイジは美白とエイジングケアができる化粧品ということになり、50代で気になる小じわ、しみ、ハリ、乾燥のケアにおすすめなんです

 

ブライトエイジの口コミをみたい人はこちらから<<<

 

ブライトエイジを使うと肌荒れを抑制

先ほど書いた肌荒れの原因である炎症性物質(トリプターゼ)をトラネキサム酸がブロックしてくれるので、ハリ不足や乾燥、肌のくすみが引き起こされにくくなるのです。

 

実際の実験でも検証されており、ハリ・弾力をだす真皮に存在するエラスチンが、トラネキサム酸によって、トリプターゼに破壊されるのが抑えられています。

 

 

抗炎症作用でエイジングケアができる

brightagetrialset 

トラネキサム酸に抗炎症作用があるため、エイジングケアができるということになります。10代、20代のような若い肌には、保湿を十分にしておけば、肌トラブルをすぐケアできるのですが、40代・50代になると、保湿だけではケアできません。肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドがどんどん減っているのですから、スキンケアで補充することになります。保湿とエイジングケアができるブライトエイジは40代50代の肌にはおすすめです。

brightagebihakuhari 

関連ページ

妊娠中に増えたシミが産後も濃くなったまま老け顔にならないケア方法
妊娠中にシミが増えるのはメラニン色素が増えるためです。しかし、産後もシミが濃いままということがあります。シミのケアにもブライトエイジがおすすめです
40代で肌のハリがほしいなら人気のブライトエイジ化粧品を使ってみて
40代で肌のハリがなくなってきたと感じているのであれば、ブライトエイジでケアしてみるのもおすすめです。張りには保湿とエイジングケアです。ブライトエイジには、両方を兼ね備えた成分を配合しています
薬用で保湿と抗炎症作用のあるブライトエイジは大人ニキビに効果あり
大人ニキビは保湿ケアが必要です。ブライトエイジは保湿もできて炎症も抑えてくれるトラネキサム酸が配合されていますから、トライアルセットから使ってみるといいかもしれません。
ブライトエイジは40代の気になるシミケアに!有名なトラネキサム酸を配合
40代でシミが気になっている人は多いです。ブライトエイジはしみケアに有名なトラネキサム酸を配合しています。
顔の赤みは表皮の薄さや炎症が原因!ブライトエイジでケアできるの?
顔の赤みが気になっていませんか?それは肌の表面が薄くなっているからです。ブライトエイジ化粧品でケアできるのかを説明したいと思います
アイムのブライトエイジは36歳のたるみ毛穴ケアにハリを出す?
たるみ毛穴は30代なかばになってくると一気に目立ちます。その理由は、肌のたるみが原因だからです。ブライトエイジでたるみ毛穴をケアしていきましょう