ブライトエイジ化粧水の薬用トラネキサム酸とセラミドで老化肌をケア

brightagelotion 

 

ブライトエイジの化粧水(リフトホワイトローション)は、少しトロッとしたテクスチャーで、
保湿がとてもよく、肌をもっちりとした状態にしてくれます。
美白ケアはさっぱりとすることが多い中、美白とエイジングケアも同時にできるので、
こっくりとした感じがします

 

ブライトエイジの化粧水全成分(リフトホワイトローション)

ブライトエイジの化粧水(リフトホワイトローション)は、どのような成分がはいっているのでしょうか?
全成分と効果を紹介していきます

 

保湿化粧品の2ポイント

薬用有効成分「トラネキサム酸」配合

美白効果と、抗炎症作用

保湿成分「グリセリルグルコシド液」

(ミロタムヌスという砂漠に自生する「復活の木」の保水力に着目して開発した成分)

 

トラネキサム酸の有効成分以外にも、たくさんの美容成分が含まれています。
通常、化粧水と言えば、まず最初に、成分表に水やBGがくるのですが、
ブライトエイジは、水やBGは、真ん中あたりに記載されていますから、
成分のほとんどが水というわけではないということです。
きちんと有効成分が発揮してくれています

 

では、成分の配合量が多い順(パッケージに記載されている順)に、効果を説明していきます

 

成分名

効果・効能

アーティチョークエキス しみを予防
パンテチン液 ビタミンの一種
コラーゲン・トリペプチドF 保湿、肌表面の保護膜
マリンエラスチン 保湿
海藻エキスー1 保湿
イシゲ抽出物 保湿
フィトステロール 保湿、肌のハリ
ステアロイルフィトスフィンゴシン 保湿(セラミド3の化学名)
Nーステアロイルジヒドロスフィンゴシン 保湿(セラミド2の化学名)
ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン 保湿(セラミド6Uの化学名)
DLーPCA・Na液 保湿
セリン 保湿。蚕の繭の成分であるセリシンから抽出
プロリン 保湿、コラーゲン修復
アルギニン 保湿。コラーゲンの生成に関係する、血行促進
グリシン 保湿
アラニン 保湿
トレオニン 保湿
リジン液 保湿、肌荒れ、肌の弾力
Lーグルタミン酸 保湿
グリセリルグルコシド液 保湿、メラニンの生成を抑制
 
BG 保湿、抗菌;
濃グリセリン 保湿
ジグリセリン 保湿
ベタイン 保湿
ペンチレングリコール 保湿、抗菌
PEG1540 合成ポリマー、結合剤
POE水添ヒマシ油 乳化剤
カルボキシビニルポリマー 乳化安定剤、粘り気をだす
キサンタンガム 保湿
水酸化K 乳化剤
クエン酸Na ph調整、酸化防止剤
ヒドロキシエタンジホスホン酸液 ph調整、酸化防止剤
無水クエン酸 ph調整、酸化防止剤
水添大豆リン脂質 保湿効果、乳化剤
パラベン 防腐剤
ソルビット液 保湿剤

トラネキサム酸の美白効果以外は、
全成分をみると、保湿やしみ抑制、コラーゲン生成などの効果があります

 

trialsetreviewkiji 

 

 

ブライトエイジ化粧水の使い方

brightagekesyousuitukaikata 

500円玉程度(2プッシュ)を手にとりやさしくなじませていきます。
顔の中心から外側へ、下から上へなでるとリフトアップ効果もあります。

 

決して、刺激になるような強い力で浸透させる必要はありません。
刺激になるほうが、肌が老化していきますから、注意が必要です。あくまで、優しく浸透させることです。

 

コットンを使うほうがいいの?と思うかもしれませんが、
週に1〜2回ほどは、コットンで肌表面の古い角質を取るように化粧水をつけて拭き取るのがおすすめです。 

 

年齢がすすむと、ターンオーバー乱れてしまうので、
古い角質が剥がれ落ちずにたまってしまうと、
スキンケアの浸透が悪くなることがありますし、
ターンオーバーがさらに遅くなることもあります

 

ブライトエイジのトライアルセットにプレゼントでついているコットンも一緒につかってみてくださいね

brightagebihakuhari 

関連ページ

ブライトエイジのオールビューティインはコラーゲン15000mgの飲む美容液ドリンク
ブライトエイジのオールビューティインは、フィッシュコラーゲンが15000mgと、さらに美容成分もたっぷりと配合しています。吸収もとてもいいのでお勧めの美容ドリンクです
ブライトエイジの成分はパラベン配合で敏感肌に合わないの?
ブライトエイジにはパラベンなどの防腐剤が配合されています。敏感肌の人には合わない化粧品なのでしょうか?実際に試してみないと人それぞれ肌の状態は違うので、トライアルセットからはじめるのがおすすめです
美白のトラネキサム酸とハイドロキノンでは敏感肌にはどちらがおすすめ?
敏感肌でも美白ケアしたいですよね。トラネキサム酸とハイドロキノンではどちらが敏感肌には合うのでしょうか?詳しく説明していきたいと思います
ブライトエイジの3種のセラミド配合で美白有効成分の角質層への浸透力が違う
ブライトエイジには、有効成分トラネキサム酸以外にも、セラミドが3種類も配合されています。美白成分が肌内部に浸透するように作られています