美白のトラネキサム酸とハイドロキノンでは敏感肌にはどちらがおすすめ?

haidorokinonvstoranekisamusan 

敏感肌だと美白をしたくても刺激が強くて赤みや痛みがでてしまい保湿ケアくらいしかできないということがあります。しかし、成分を見極めることで敏感肌でも使える美白ケア化粧品があるのです。美白成分で知られているのは、ビタミンCやハイドロキノンだと思いますが、トラネキサム酸が肌に優しく作用してくれますよ

 

トラネキサム酸とハイドロキノンのメリットデメリット

tigaihanani 

美白美容成分は、たくさん市場に出ていますが、早い結果が出ているのがハイドロキノンです。しかし、ハイドロキノンは、肌に刺激が強く肌状態がいい人でも肌荒れが起きることがあります。肌に合えばいい結果が出るのもハイドロキノンの特徴です。
もう一つの美白有効成分が、トラネキサム酸です。これは、CMや雑誌などでトランシーノというシミ(肝斑)を消すという飲み薬で、一気に有名になりました。トラネキサム酸は美白効果にすぐれ、さらに化粧品に配合することで抗炎症作用もあるので、敏感肌の人には、トラネキサム酸がおすすめです

 

●トラネキサム酸⇒刺激が弱い

 

●ハイドロキノン⇒肌に刺激がでやすいが、即効性はある

 

 

敏感肌にはトラネキサム酸がおすすめ

美白をしたい敏感肌には、刺激の少ないトラネキサム酸はおすすめです。敏感肌はどの化粧品で肌トラブルが出るかもわかりません、普通肌の人でさえ体調や化粧品の成分によって、肌荒れが起きることもあります。敏感肌は、バリア機能が弱っているため、肌が乾燥しやすいです。そのため、肌内部に刺激物がどんどん入りやすくなります。刺激によってまたさらに、敏感肌が悪化します。トラネキサム酸を肌内部にしっかりと浸透させるためにも、肌状態をよくしておかなければいけません。まずはしっかりと肌を潤わせるということです。肌が潤っていると美容成分が浸透しやすくなります。

 

ブライトエイジのいい口コミ・悪い口コミを知りたい人はこちらから<<<

 

刺激を感じやすいなら自分の肌で試してみることが大事

brightagetrialset 

トラネキサム酸は、美白ケアと抗炎症作用があるので、実際に自分の肌で試してみるといいですよ。まずは、腕の内側でパッチテストをして、問題なければ、化粧水だけをつけてみたり、美容液だけをつけてみて肌の様子をみてください。
ブライトエイジは、トライアルセットがありますし、実際に使ってみて肌に合わなければ返金保障もありますから、特に肌がデリケートな人にとっては、このような開封しても返金してくれるシステムの化粧品会社をおすすめします。肌に合わないし、お金も無駄になったというのはイヤな印象しか残らないです。肌に合うか合わないかは使ってみないとわからないわけですから、おすすめの化粧品だと思いますし、とてもいいメーカーだと思います。
そして、ブライトエイジは、セラミドなどの保湿成分もたっぷりと配合していますから、美白成分が浸透しやすいように作られています。

クレンジングでメイクが落ちるかも実験しています

↓↓

trialsetreviewkiji 

関連ページ

ブライトエイジ化粧水の薬用トラネキサム酸とセラミドで老化肌をケア
第一三共アイムから販売されているブライトエイジの化粧水は、美白ケアをするのにしっとりとしているので、エイジングケア基礎化粧品のような使い心地です。トラネキサム酸やセラミド効果で老けない肌を
ブライトエイジのオールビューティインはコラーゲン15000mgの飲む美容液ドリンク
ブライトエイジのオールビューティインは、フィッシュコラーゲンが15000mgと、さらに美容成分もたっぷりと配合しています。吸収もとてもいいのでお勧めの美容ドリンクです
ブライトエイジの成分はパラベン配合で敏感肌に合わないの?
ブライトエイジにはパラベンなどの防腐剤が配合されています。敏感肌の人には合わない化粧品なのでしょうか?実際に試してみないと人それぞれ肌の状態は違うので、トライアルセットからはじめるのがおすすめです
ブライトエイジの3種のセラミド配合で美白有効成分の角質層への浸透力が違う
ブライトエイジには、有効成分トラネキサム酸以外にも、セラミドが3種類も配合されています。美白成分が肌内部に浸透するように作られています